Rシリーズで個性的な外観に

Rシリーズ

テクノストラクチャーのRシリーズで
曲線のある新しいくらし

個性豊かな曲線(アール)デザインの「Rシリーズ」。
バルコニーや壁、そして屋根にいたるまで様々なバリエーションの曲線デザインが実現します。



Rシリーズ アール壁

テクノストラクチャー工法では、居室の壁を曲線にすることにより、敷地の有効利用・個性的で美しい外観デザインが可能です。条件に合わせて、全面アール型・一部アール型・コーナーアール型の形状バリエーションが、直線的な外観にプラスアルファのゆとりと魅力を加えます。リビングに曲線のカフェテラスをつくったりギャラリーのようなエントランスを演出したり、暮らしの夢が広がります。

Rシリーズ

Rシリーズ アールバルコニー

直線的な外観に曲線デザインが加わることにより、やさしさとあたたかみのある表情豊かな外観となります。曲線部分の広がりとゆとりによりテラスとしての利用価値も高まります。アール部分にテクノビームを用いているので、一般在来工法に比べ反りやねじれ、クリープ変形が少なく、安定性に優れています。

Rシリーズ

Rシリーズ アール屋根

テクノストラクチャー工法では、鉄骨の強度を活かしたアール登り梁を用いることにより、アール屋根の個性的な外観を実現しました。部材・接合部の強度を高めることにより小屋束を最小限にしているので、小屋裏空間としての利用も可能です。

Rシリーズ

このページの先頭へ