通常の木造2階建との違い

通常の木造2階建では、建築確認申請用には壁量計算と接合金物のチェックのみ行えばよい事となっています。
しかしこれは、住まいの性能を建築士や施工者の知識と経験にゆだねたものであるため、それをやっていれば安心、というものではありません。

テクノストラクチャーでは「安心して長く暮らせる住まいを」というコンセプトのもと、より高度で多角的な構造計算を行っています。

2階建木造住宅の構造計算比較


2階建木造住宅の構造計算比較

テクノストラクチャーなら

住宅一棟一棟、個別に構造計算を行うので、建物の形状はもちろん、本棚やグランドピアノなどの重量物、気候・地盤等の周辺環境まで、あなたの住まいの条件にあわせたきめ細かな設計を追求することができます。しかも大空間や変形プランなど、従来の木造では構造的に不安だからとあきらめていた設計も、構造計算の裏づけを確保しながら実現できるのも大きなメリットです。住まいの夢と構造強度を両立する工法、それがテクノストラクチャーなのです。

このページの先頭へ